• フリーランスで働くメリット

    サラリーマンを辞めてフリーランスの仕事に就くメリットとしては、収入アップが期待できることです。


    企業に所属するエンジニアやデザイナー等の場合、平均月収は38万円前後となっており、残業や賞与を含めた年収では570万円前後となっています。

    一方、フリーランスのエンジニアやデザイナーの場合、通常700〜800万円は普通に稼いでおり、1000万円超の人も珍しくありません。



    サラリーマンの平均年収を上回るには、一定以上のジョブスキルと信頼が必要になり、両輪をバランスよく身につけることが、長く顧客を獲得し続けるコツになるわけです。また、新規顧客を獲得するには、実績を積むことが大切なので、はじめは小さい仕事でも、一つ一つ誠実に対処していくことが何よりも重要だと言えます。



    フリーランスになる次のメリットとしては、自分で方針を立てて仕事が出来ることが挙げられます。
    組織の中では、会社の方針に沿って働かなければならないので、不本意な残業や会議に時間をとられる傾向があります。

    自分で自由に時間配分できれば、仕事に対するモチベーションアップにもなるわけです。



    特に得意分野に特化して打ち込むことで、専門スキルに磨きをかけられるようになります。そのことが、仕事のレベルをアップさせることにも繋がり、信頼性を高める好循環になります。そして、フリーランスには定年がないので、自分の能力に応じて仕事の幅を広げていけるのが大きなメリットだと言えます。